NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

3Dレーザースキャナー 建築限界・支障物測定システム

鉄道施設での車両と建造物の建築限界を立体的に把握

3Dレーザースキャナー 建築限界・支障物測定システム

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

近接施工において車両と建築物の接触を防ぐため、3Dレーザースキャナーにより建築限界や支障物の現況測定を行います。ホームやトンネル等鉄道施設における車両と建造物・設備との建築限界を立体的に把握できます。

3次元レーザースキャナー GLS-1000

3次元レーザースキャナー GLS-1000高密度で素早く3次元データを取得するレーザースキャナーです。
角度精度6”
測距精度4mm@150m

PCは不要!本体のみで計測できます
本体のコントロールパネルのみで作業できる「スタンドアロン機能」
無線LAN接続で遠隔操作も可能です。
高い安全性
高所や立ち入ることのできない危険な場所からも無人で計測が可能。また人体にもっとも安全なクラス1レーザーを使用しているため計測中に人が通過しても問題はありません。
高精度・低ノイズ・高密度
独自のプリサイススキャン技術によりパルス方式に位相差の処理を融合させることにより、高精度で安定した測距を実現ノイズの少ないクリアなデータを提供します。

特長

3Dレーザースキャナーから計測した大量の座標点群データは専用CADソフトウエアにより
正確な3D地形モデルを短時間で作成し、成果品としてアウトプットします。
不要なデータの排除、地形形状を損なわずに点群を間引き処理、また点密度の均一化処理も可能。
ダム、斜面、トンネル、道路はもちろん、あらゆる現場での計測に対応します。
従来と比べて計測コストが大幅削減します。

建築限界の測定

建築限界の測定
レールを基準とした鉄道施設支障物や建築限界の測定を行います。

トンネル計測

トンネル計測
トンネル巻厚の管理測定を行います。

出来形進捗計測

出来形進捗計測
1回目と2回目の計測結果の差分から解析します。

橋りょうの計測

橋りょうの計測
耐震補強や改修工事で橋りょうを計測します。

点群データの活用事例

  • 都市計画:都市シュミレーション、プレゼンテーション
  • 形状保存:遺跡、文化財など設計図面の無い構造物
  • 地形測量:土木現場の出来形、出来形管理
  • 変位計測:トンネル、ダムの法面、斜面など変位する地形
  • 解析:ダムなど構造物の設計
  • 災害:地すべりなどの解析、土量計算
  • プラント:配管の増設、新設物の干渉
  • その他:アニメーションなどのCGモデル作成

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る