NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

3Dレーザースキャナー トンネル巻厚管理システム

既設トンネルにおける建築限界の離隔量を3Dレーザースキャナーにより測定

3Dレーザースキャナー トンネル巻厚管理システム

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

3Dレーザースキャナーによりトンネル内空断面形状を高速、高精度に3次元点群データを取得します。専用CADソフトにより、トンネル施工中における覆工コンクリートのボリューム計算や既設トンネルの建築限界等が把握できます。

3次元レーザースキャナー GLS-1000

3次元レーザースキャナー GLS-1000高密度で素早く3次元データを取得するレーザースキャナーです。
角度精度6”
測距精度4mm@150m

PCは不要!本体のみで計測できます
本体のコントロールパネルのみで作業できる「スタンドアロン機能」
無線LAN接続で遠隔操作も可能です。
高い安全性
高所や立ち入ることのできない危険な場所からも無人で計測が可能。また人体にもっとも安全なクラス1レーザーを使用しているため計測中に人が通過しても問題はありません。
高精度・低ノイズ・高密度
独自のプリサイススキャン技術によりパルス方式に位相差の処理を融合させることにより、高精度で安定した測距を実現ノイズの少ないクリアなデータを提供します。

特長

3次元レーザースキャナーで立体的に管理することで、凸凹が多く表面形状が複雑な山岳トンネルをより正確で効率的な管理が可能になっただけでなく施工の効率化、巻厚のビジュアル化など更なる可能性が広がりました。

断面測定実測状況

測定エリアを指定すれば、後は自動でスキャニングを行い、点群データを取得します。

断面測定実測状況

用途

  • コンクリート厚のボリューム計算
  • 建築限界との離隔量計算
  • 出来形管理
  • 内空断面計測

3次元データの更なる活用例

3次元データの更なる活用例右図はスキャニングによる点群と設計断面チューブとの差を色分けして表したものです。設計より内空側に点群が位置するものを暖色、地山側に位置するものを寒色系で示しました。このように処理することにより、覆工施工まえに余掘り・あたりの範囲を把握することができます。また、巻き厚を一目で管理することもできます。

建築限界成果図
建築限界成果図

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る