NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

クラウド型GPS変位計測システム EagleEye(イーグルアイ)

地すべり、構造物の揺れをミリオーダーで計測。EagleEye(イーグルアイ) は、GPS のL1 波を利用したスタティック測位専用機です。地すべりの検知や橋梁の動揺といった高精度な測量が必要とされる分野でミリオーダーの計測を可能にします。

イメージ:クラウド型GPS変位計測システム EagleEye(イーグルアイ)

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特徴

スタティック測位

1周波GPSによる静的干渉測位法(スタティック測位)による解析手法を用いコストを押さえた形でGPS計測点の位置情報をmm単位で計測します。
※計測は1時間ごととなります


ケーブルレスでの設置が可能

基地局1台当り最大9箇所の変位観測局(GPS)と接続が可能で、基地局と変位観測局は無線を使用しケーブルレスでの設置が可能です。基地局と変位観測局は最大500mの通信が可能です。(基地局・観測局の設置環境により変動)
※ソーラー電源はオプションになります。


ソーラーから電源供給

変位観測局は小型軽量タイプで電源を供給出来ない現場ではソーラシステムより供給が可能です。(基地局は要電源)
※ソーラー電源はオプションになります。


データはクラウドへ

各計測点のGPS情報はアカサカテッククラウドサーバ転送されサーバ内アプリケーションで処理されます。計測データはユーザ端末(PC等)よりクラウドサーバにインターネット経由でアクセスすることで確認が可能となります。


価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る