NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

3D Laser Scanner GLS-2000

3次元レーザースキャナーGLS-2000は、対象物と環境に合わせた測定レンジ搭載で、3次元座標データを現場で効率的に取得することが可能。
NETIS登録番号: KT-140022-A

イメージ:3D Laser Scanner IS3

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特長

  • 高速・高精度マルチレンジスキャニング
  • 高品質点群データ “Precise Scan Technology Ⅱ”搭載
  • フルドームスキャンニング
  • 世界初! Direct Height Measurement機能搭載
  • 簡単・高精度レジストレーション
  • 直感的操作のオンボードソフトウェア

高速・高精度マルチレンジスキャニング

測定レンジによって選べる2つのラインアップ

設備やインテリアなどの短距離から土木現場の現況作業や大型構造物まで、幅広い距離レンジでの作業が可能です。


スキャン作業の全てに於いて高速化を実現!

スキャン作業の全ての過程で効率化を追求。 トータルで本当に速いスキャナーの誕生です。あらゆるスキャニングの場面で、ストレスの無いスムーズな作業をご提供します。


速さを追求したパルス(TOF)方式スキャナー

ノイズの少なさと長距離で定評のあるパルス方式に、ウルトラハイスピードサンプリング技術を採用。高速化を実現しました。

インターバル 観測時間
25mm@10m 約55秒
12.5mm@10m 約1分50秒
6.3mm@10m 約7分45秒
※高速モード使用時

直感的操作のオンボードソフトウェア

ワンボタンでスキャンが開始できる簡単ソフトウェア。グラフィック表示で、操作性の良いコントローラです。


広角・狭角デュアルカメラ

広角170°/5Mピクセルカメラと、同軸で狭角8.9°/5M ピクセルカメラを搭載。広角カメラは、超高速で全周画の取得を可能としました。


5種類の測定レンジモードを搭載

現場環境、要求精度に合わせ5種類の測定モードを搭載しました。様々なご要望にお応えします。


対象物と環境に合わせ選択可能な測定レンジモード

測定レンジモード 測距範囲 参考測定対象物
反射率
9% 18% 90%
詳細 - 40m 100m 高詳細、遺跡、歴史的建造物など
高速 - 90m 210m 事故現場、災害現場、時間的制約のある現場など
低出力 - 90m 210m 人通りの多いエリア、レーザー出力制限のある現場など
標準 - 150m 350m 大型構造物、大規模造成地、土量計測など
近距離 40m - - 測定し難い対象物など
(雪などの水分の多い対象物、タイヤやレーザー反射率の低い対象物)

ファーストパルス/ラストパルス選択機能

対象物によっては1回のパルス発光で、複数のリターンパルスがあります。GLS-2000は、ファーストパルスの位置に加え、ラストパルスの位置を選択して測定する事が可能です。測定物の手前に草木やフェンス等の障害物がある場合に有効です。

350mスキャン(標準モード)

設備やインテリアなどの短距離から土木現場の現況作業や大型構造物まで、幅広い距離レンジでの作業が可能です。


フルドームスキャニング

水平360°、鉛直270°の測定範囲を確保し、フルドームでのスキャンに対応。頭上の計測や室内での計測に威力を発揮します。


レーザークラス3R/1M切替え機能搭載

観測状況に合わせ、レーザークラスの選択が可能。安全要求にお答えできる機能です。


世界初!Direct Height Measurement(器械高自動測定)機能搭載*

ボタンを押すだけで器械高を測定。簡単で、計り忘れの無い確実な作業が可能です。 *2014年7月現在。メーカー調べ。


高品質点群データ “Precise Scan Technology Ⅱ”搭載

低ノイズと高精度を両立させ更に進化した“Precise Scan Technology II”を搭載。驚くほどノイズの少ないデータは、後処理の効率化に大きく貢献します。

GLS-2000は従来機と比べ約1/3の間隔で測距光(パルス波)を発光しています。パルス波の波形が短いほど、波形の形状がクリアになるため、高い精度で測定することが可能となります。
さらに、超高速ADコンバーターを採用し、超短時間のパルス波をダイレクトサンプリングする事で、より一層クリアな波形形状として抽出する技術を確立しました。
Precise Scan Technology IIエンジンにより、高精度化と高速化の両立を実現しています。

簡単・高精度レジストレーション

トータルステーションで馴染みのある器械点・後視点法をレーザースキャナーでサポート。測量機メーカートプコンならではの機能を含めた3種類のレジストレーションで現場作業が行えます。

ScanMaster Ver.3が実現する、迅速・簡単・高精度なレジストレーション

  1. 器械点・後視点法
  2. タイポイント法
  3. シェイプマッチング法

新機能を加え、操作性を向上!ScanMasterソフトウェア

ScanMasterは観測から後処理まで、軽快な点群処理を実現するレーザースキャナー用ソフトウェアです。短時間で3次元点群モデルを作成することが可能です。


※出来形管理の対応は承っておりません。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る