NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策にs

杭芯施工位置管理システム

自動追尾トータルステーションにより重機をスピーディーかつ正確に杭打ち位置まで誘導します

陸上計測 / 海上計測 どちらも計測できます。

陸上計測

地盤改良で杭打ち施工の精度と作業効率を上げます。

杭芯施工位置管理システム

設計杭芯位置との差分をオペレーターへ指示(表示)することで作業の効率化、品質向上をはかるシステムです。

杭芯施工位置管理システム 陸

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

測距・測角値を測定

自動追尾式トータルステーションやGPSを用いて杭芯の位置情報を計測し、設計杭芯座標までの位置関係をビジュアルで表示します。オペレーターは車載モニターを見ながら精度の高い施工が可能になります。

システム設置状況(トータルステーション使用)

システム設置状況(トータルステーション使用)

自動追尾トータルステーションで施工重機に搭載されたプリズムを常に追尾しながら測距・測角値を測定し無線を介してデータを車載モニターへ送信します。

システム設置状況(GPS使用)

 

システム設置状況(GPS使用)

RTK-GPSを使用
視通が困難な場合はGPSを使用して杭位置を計測します。

画面インターフェイス

画面インターフェイス

設計座標と実測値との位置確認

トータルステーションを用いて杭芯の位置を測定し、設計座標と実測値との位置確認をビジュアルで表示します。 オペレーターは車載モニターで杭の傾きを確認しながら鉛直度調整を行うことができるシステムです。

システム設置状況

システム設置状況

車載モニターに表示
ノンプリズムトータルステーションにより、オペレーターは杭の建ち状態を確認できます。

杭芯計算概念

杭芯計算概念
杭の2点を計測し、杭の2点の座標ならびに既知の半径(杭の寸法)から杭の中心座標を算出します。
杭の上部・下部をそれぞれ計測することで杭の傾きを確認することもできます。
※ トータルステーション1台で測点2箇所を切り替えて計測することも可能です。
※ バイブロハンマー等にプリズムを設置することで自動追尾で深度測定することもできます。

画面インターフェイス

オペレーターはPC画面を見ながら杭の建ち方の修正作業を行います。
ノンプリズムトータルステーションから得られる測定データが反映され、杭上部(杭下部)の偏差をビジュアルで確認できます。
このページのトップに戻る

海上計測

港湾工事・防波堤工事での地盤改良で杭打ち施工の精度と作業効率を上げます。

杭芯施工位置管理システム

2台のTSからノンプリで計測した2点の座標と既知半径から、杭芯座標を算出します。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

システム設置状況

杭打ち時の杭位置を計測

車載モニターに表示
ノンプリズムトータルステーションにより、オペレーターは杭の建ち状態を確認できます。

計測概念図

杭芯計算概念
杭の2点を計測し、杭の2点の座標ならびに既知の半径(杭の寸法)から杭の中心座標を算出します。
杭の上部・下部をそれぞれ計測することで杭の傾きを確認することもできます。
※ トータルステーション1台で測点2箇所を切り替えて計測することも可能です。
※ バイブロハンマー等にプリズムを設置することで自動追尾で深度測定することもできます。

画面インターフェイス


このページのトップに戻る

システム構成

自動追尾トータルステーション

自動追尾トータルステーション

自動追尾機能を搭載したトータルステーションです。施工重機に搭載されたプリズムを常に追尾動作を行いながら、測距、測角値を測定し無線を介してデータを車載パソコンへ送信します。


反射プリズム

360°プリズム・反射プリズム

自動追尾トータルステーションから発光される追尾光と測距光を受光し、TSへ返光します。


車載コンピュータ

車載コンピュータ

設計位置と測定データより得られた位置との関係を表示するパソコンです。施工中は、キャビン内のオペレータの方が、モニター上で確認しながら施工を行います。


無線通信ユニット

無線通信ユニット

自動追尾トータルステーションと車載パソコンとのデータ送受信をこの無線ユニットで行います。TS側にはパソコンは不要で、TSからの信号は変換器を通しダイレクトに無線データとして送受信されます。


施工管理時計測モニタ 

オペレーターは、この画面を見ながら杭の建ち方の修正作業を行います。

杭打ち中のモニター画面杭打ち中のモニター画面
杭打ち中のモニター画面(1)杭打ち中のモニター画面(2)
杭打ち中のモニター画面
杭打ち中のモニター画面(3)

ノンプリTSから得られる測定データが反映され、杭上部の偏差と杭下部の偏差をビジュアルで確認できます。

打設標高も常時数値確認できますので、打ち過ぎや打ち残しも未然に防ぐ事ができます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る