NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

DGPS受信機 DSM232

DSM232シリーズは、中波ビーコン基地局やMSASなどの補正情報を受信し、サブメートルで位置を算出することができるDGPS受信機です。浚渫作業・深浅測量などの海上利用に適しています。

イメージ:DGPS受信機 DSM232

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特長

主な特長

  • ディスプレイとキーパッドを装備し、本体のみで操作が可能。
  • プログラム可能なRS-232出力を3ポート装備。
  • 最大10Hzの測定値更新レート(NMEAおよびTSIPプロトコル)。
  • 1PPS信号。
  • Trimble EVERESTマルチパス低減技術採用。

標準システム機能

  • 浚渫作業・深浅測量などの海上利用に適したGPS受信機。
  • モジュラ型受信機(アンテナと受信ユニットが分離)により機材の柔軟な設置と保護が可能です。
  • ディスプレイとキーパッドが統合され、外部のソフトウェアを使用せず本体のみでシステム構成や状態チェックが可能。
  • 外部GPSアンテナは一周波、二周波、またはDGPS基準局運用での選択が可能。
  • IALAビーコン、WAAS、EGNOSなどのSBAS(静止衛星型衛星航法補強システム)に準拠。
  • 外付け無線リンクでRTCMおよびCMR(オプション)補正データを受信。
  • 24-チャンネルL1/L2GPS受信機として、あるいはアップグレードすることで精度性能を向上。
    • 3Dデシメートル精度のOmniSTAR XPおよびHPサービスに対応。
    • 3Dセンチメートル精度のRTKに対応。
  • 2つの物理コネクタで3つのプログラムが可能なRS-232シリアルポートと2つのNMEA2000対応ポートが使用可能。
  • IPPS信号。
  • 防水及び防塵。
  • 動作温度範囲:-30~+65℃。
  • 入力電源範囲:9~28V DC(過電圧保護付き)。
  • DSM132との下位互換性:アンテナケーブル、一周波/ピーコンアンテナ、電源・通信ケーブルおよび取り付けボルトパターンが同一。
  • 恒久的/長期的な設置だけでなく短期的な設置にも最適。

使用システム例

GPS深浅測量システム

イメージ:GPS深浅測量システム イメージ:GPS深浅測量システム

仕様

ハードウェア仕様

物理的仕様
寸法 14.8(W)×5.6(H)×21.6(D)cm
ディスプレイ LCDバックライト(16文字2行)
キーボード 4ボタンキーパッド
アンテナ取付 すべて5/8″-11UNCオスボルトネジ使用可
動作環境
動作温度 -30~+65℃
保管温度 -34~+85℃
湿度 MIL810E準拠、防塵仕様 +/-5PSID
防水 防水および防塵
電気的仕様
電源 9~28V DC外部電源入力(過電圧保護付き)
消費電力 定格350mA(12VDC)
認証 ClassB Part15、22、24FCC認証、CEマーク認証、C-tick認証、WEEE
通信
同軸コネクタ 背面に同軸コネクタ×2、ポートAおよびB
インターフェース プログラム可能なRS-232出力×3
CAN(NMEA2000)出力 CAN(NMEA2000)出力×2
受信機の位置更新レート 1、2、5、10Hz
補正データの入出力 CMRII、CMR+、RTCM2.1、RTCM2.3、RTCM3.0
RS-232出力 NMEA-GGA、GLL、GRS、GSA、GST、GSV、MSS、RMC、VTG、ZDA
その他独自仕様NMEA TSIPフォーマット
CAN出力 J1939、NMEA2000

アンテナ仕様

DGPSアンテナ 15.5(D)×14.0(H)cm
重量 0.55kg
動作温度 -30~+65℃
用途 L1/L2GPS、SBASおよびL-バンド
湿度・筐体 アンテナは全て100%凝縮、完全密閉ユニット
防塵、防水、耐衝撃

性能・仕様

コードディファレンシャルGPS測位
水平精度 ±(0.25m+1ppm)RMS
垂直精度 ±(0.50m+1ppm)RMS
WAAS/EGNOS/MSAS
水平精度 通常1m
垂直精度 通常<5m

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る