NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

ハンディGPSナビゲータ OREGON650TCJ2

GPS測位により緯度経度の座標以外に高度も知る事が出来ます。また、タッチパネル操作、カメラ、GPSが日本の準天頂衛星みちびきとロシアのGLONASSに対応など、充実の機能!

イメージ:ハンディGPSナビゲータ OREGON650TCJ2

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特徴

気圧高度測定

高精度の気圧センサを併用する事で、より精度の高い高度情報を得ることが可能となり、微妙な上昇下降などのトレンド情報も確認可能です。また、移動していない停滞時には定点での気圧変動を知る事も出来ますので、移行の天気予測にも役立ちます。上昇率・下降率、最低・最高高度、総上昇・下降量、平均上昇率、最大上昇・下降率等などが確認可能です。


電子コンパス

GPSは測位により自身の位置は特定出来ますが、向いている方角がわからないために、複数の測位データを元にそれを計算で割り出しています。電子コンパスは地磁気を元にするため即座に方角がわかります。3軸コンパスは機器を水平にせずとも、正しい方角を示すことができます。


無線通信機能 BluetoothとANT+

Garmin製品では初めてとなる、Bluetooth Smartに対応。
アプリケーションと接続方法によって、様々なデータ管理や情報交換ができます。

日本地形図(TOPO10MPlus)V3

地形図を追加収録

昭文社が整備した「山と高原地図」をベースに、さらに国土地理院2万5千分の1地形図を追加収録された地形図です。


みちびき/GLONASS対応

みちびき

みちびきは日本が整備を開始した独自の測位システム。準天頂衛星システムと呼ばれ、日本の空の真上に長い時間留まるような軌道を描いて飛んでいます。真上ですので、高いビルや深い渓谷でも電波が遮られるケースが少なくなり、安定した受信が可能になります。

GLONASS

GLONASSはロシア版の全地球測位システム。米国版のGPSとGLONASSを併用する事により、受信できる衛星の数が約2倍になります。これにより、GPSのみで使用した場合に比べ、ビル街や沢底のような地形でも測位電波受信のチャンスが増え、測位不能に陥るケースが減る事になります。

ハンディGPSナビゲータ OREGON650TCJ2のよくある質問

目的地までのナビゲーション機能はありますか。
地図機能で目的地を定めることにより、現在地から目的地までの緯度・経度が表示されます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る