NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

深浅測量ラジコンボート RC-S3

GPS・ソナー搭載。自動プログラミング走行可能。有人ボートでは困難な浅瀬や危険水域での測量、調査が可能な為、作業者の安全を確保します。

イメージ:深浅測量ラジコンボート、RC-S3による水中位置決めシステム


価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

ソナー搭載オールインワンリモコンボートのため機材設置等の準備が不要です。また作業時間の短縮により大幅なコスト削減が実現できます。有人ボートでは困難な浅瀬や危険水域への測量、調査が可能となり座礁、転覆、転落事故の危険がありません。 電動モーターの為、環境に配慮しています。

特長

  • 全長1200mm、重量16kgと小型で一人で運搬が可能です。
  • 電動モーターのため排煙、油流出がなくクリーンで環境にも配慮しています。
  • 高出力ブラシレスモーターとツインプロペラにより流れの速い場所での測量、調査が可能です。
  • 測深範囲0.5m~80m、操船可能範囲800mと浅瀬に特化してます。

自動回帰

自動回帰 基地局との通信が連続して30秒以上途絶えた場合、またはボートの バッテリー残量が20%以下となった場合はボートの電源を入れた地点へ自動で戻ります。


自律測線走行

自律測線走行 ・ノイズレベルの高い現場環境でも誤認が少ない
・トランスポンダーと船上装置の間でデータの送受信が可能
・距離/精度と、取付け機器に合わせた機種選択が可能
・小型、軽量、結線の容易さ


目的地走行

目的地走行 ・緯度経度で入力した目的地へボートが自動で走行。
・目的地は1プロジェクト最大255カ所が入力が可能。


基地局ソフトウェアによるリアルタイムデータ収集

基地局ソフトウェアによるリアルタイムデータ収集

用途

河川

  • 河川定期横断測量によって河床の地形変動を把握します。
  • 河川内及び周辺の環境を把握します。
  • 河道の浚渫施工等による環境モニタリング調査を行います。

ダム貯水池(湖沼)

ダム貯水池(湖沼)

  • 堆砂測量によって湖底へ蓄積される堆砂量を把握できます。
  • 湖内の水質や生態系を把握、管理します。(採水、捕獲)
  • 湖岸水際の植生について把握します。(カメラ観察等) 湖底の動植物について生息状況を把握します。(カメラ観察等)
  • 農業利用を目的とした水路等の現況調査。(簡易地形計測)

データ

データ処理例

データはCSVのため様々なソフトウェアで処理、加工が容易です。

※データ処理は、お客様の方で行って頂きます。

データ処理例1 データ処理例2 データ処理例3

SDメモリーカードドライブ

SDメモリーカードドライブ 基地局との通信が途絶えた場合でもデータはポート内SDメモリーに記録されます。


応用例

トータルステーションの応用例 GPSが受信できない場所では360°プリズムを装着し自動追尾型トータルステーションで位置情報の取得が可能です。

※360°プリズム、自動追尾型トータルステーションは別途必要となります。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る