NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

陸上用杭打ち誘導システム

GNSSで杭打ち機をリアルタイムコントロール

イメージ:陸上用杭打ち誘導システム

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

地盤改良工事において、サンドコンパクション、CDM(Cement Deep Mixing:深層混合)などの重機を作業位置へ誘導するシステムです。
RTK-GNSSを2台使用していて、位置だけでなく捻りもリアルタイムで修正することができるため、パソコンの画面を確認しながら操縦することで、容易に指定位置へ重機を誘導することが可能です。 トータルステーションなどによる従来型の誘導に比べ、視通を確保する必要がなく、また、天候に左右されないなどGNSSの利点を生かすことができます。

画像をクリックすると拡大表示、NEXTで続けてご覧いただけます。

特長

  • リアルタイムキネマティック(RTK)GNSSの精度が1センチメートル程度なので、重機の位置や捻りなどをセンチメートル単位で誘導できます。
  • 位置決め時のズレ量は解析用パソコンの内部に記録され、成果として印刷できます。
  • GNSSを使用しているため、天候や時間帯などの制約を受けません。
  • 座標:工事に使用する座標は公共座標・ローカル座標のいずれでも可能で、誘導画面表示にも反映されます。
  • 座標系:日本国内1~19の座標系(新旧測地系対応)とそれに付随するローカル座標が使用できます。
  • 測地系:旧測地系(東京データム、日本測地系)と新測地系(JGD2000、世界測地系)の使い分けが可能です。
  • GNSSの自動セットアップ機能(一部機種)を持っているので、その場合はGNSSに詳しくなくても簡単に設定ができます。
  • その他、工区への進入方向、杭配置(三角~四角)、杭番号、個別杭の座標確認、固定局座標の補正、などの実用的な機能が満載です。

GPS測量機はレンタルレックスのページでご案内しております。

用途

  • サンドコンパクション、CDMなどの地盤改良工事における各種重機の位置決め。

事例

改良重機位置決めシステム(標準タイプ) の事例は「導入実績」でご覧いただけます。

ソフトウェア

パソコン上のソフトウェアは、GNSSから得られた座標データを公共座標・ローカル座標等に変換し、指定された杭との距離を計算して画面に表示します。
ずれ量はパソコン内部に記憶され、印刷することができます。

プロジェクトを作成すると、プロジェクトフォルダが作成され、各種設定やデータがそのプロジェクトフォルダ毎に管理されます。データのバックアップは、そのフォルダをコピーするだけです。


座標設定

旧測地系(東京データム、日本測地系)と新測地系(JGD2000、世界測地系)の使い分けが可能です(相互変換機能はありません) 。日本国内1~19の座標系(新旧測地系対応)はプリセットされていて、ソフトウェア内部で北緯東経←→公共座標←→ローカル座標の相互変換を行います。誘導は公共座標・ローカル座標のいずれでも可能で、誘導画面表示にも反映されます(ローカル座標を使用する場合にはあらかじめ変換パラメータを入力しておいてください)。

使用するGNSSの選択

NMEAフォーマットの出力ができるものであればメーカーは問いません。 使用するGNSS受信機をリストから選択しますが、その中に無い場合はその他(NMEA GGK/GGA)を選択するとNMEAデータの受信ができるので対応できます。 なお、リストにあるGNSS受信機をご使用の場合は自動セットアップを行うことができます。GNSSのターミナルなどで設定する必要はありません。

工事設定

工区、杭番号、その他設定が簡単にできます。
工区は長方形の四隅座標を入力することで設定しますが、公共座標・ローカル座標のいずれでも可能です。1(A)工区は公共座標、2(B)工区はローカル座標、というような使い分けも可能です。 杭番号はひらがな、かたかな、アルファベット、数字で、逆順も可能です。 杭配置(三角、四角)、杭間隔(X、Y別)、工区への進入方向、その他設定が可能です。 本体定数はあらかじめ計測して入力しておきますが、キャリブレーション機能で現場ごとに合わせることができます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る