NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

ブルドーザー誘導システム GPDozer

ブルドーザーの敷き均しをリアルタイムに管理

イメージ:ブルドーザー誘導システム GPDozer

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

RTK-GPSをベースにしたブルドーザー誘導システムです。ブルドーザーのコンソールにマウントされたディスプレイに、リアルタイムで連続的に現在位置と切り盛り量が表示されます。オペレーターに最適なMMI(マン・マシン・インターフェイス)が、迅速で精密な作業を可能にしました。ブルドーザーの機械パラメーター、施工区域、座標系などのパラメーターを、予め設定保存することができます。またデジタルコンパスを接続して、リアルタイムに常時ブルドーザーの姿勢補正を行います。

画像をクリックすると拡大表示、NEXTで続けてご覧いただけます。

その他のマシンコントロールはこちら

特長

  • 切り盛り高さを管理して画面表示することにより、盛土全面を面的に捉えることができるため、品質の向上に繋がります。
  • 管理ブロックサイズは100、150、200センチから選択できます。
  • 基準高さからのずれは、高低1メートルの範囲で任意幅で表示できます(最大16色以内)。切り盛りを行った結果が高さと共に即時に表示されるので、その場での修正ができ、作業効率が上がります。
  • 複数のブルドーザーの施工管理も事務所の1台のパソコンで行うことができるので、管理効率も上がります。
  • 切り盛り高さが客観的なデータで示されるので、人為的ミスが少なくなり、オペレーターによる品質差もなくなります。

用途

  • 大規模造成工事の切り盛り量の品質および施工管理。

ソフトウェア

設計CADデータは、コンパクトフラッシュカード経由で簡単にソフトウェアにアップロードできます。またフィールドのデータも、カード経由で設計CAD へダウンロードできます。設計・管理オフィスとブルドーザがシームレスにリンクされ、プロジェクト全 体を効率的に管理できます。


価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る