NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

振動ローラー転圧管理システム GPRoller

振動ローラーの転圧回数、層厚をリアルタイムに管理。NETIS登録番号:TH-100008-V。

イメージ:振動ローラー転圧管理システム

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

RTK-GPSをベースにした振動ローラー転圧管理システムです。大規模造成工事において、盛土の品質および施工管理を行う際の転圧重機(振動ローラー)のサイズ、転圧回数、層厚などを規定して品質管理を行います。
振動ローラーの走行軌跡が把握できるので、転圧状況を効率的に管理することが可能になります。また従来施工段階で不可能であった面的な管理も行うことができます。

画像をクリックすると拡大表示、NEXTで続けてご覧いただけます。

締め固め作業を行う振動ローラーの位置をRTK-GPSで計測し、操縦席のパソコン画面にリアルタイムの走行軌跡を表示します。併せて転圧回数もカウントして回数ごとの色分け表示も行うので、オペレーターは運転席のパソコン画面を見ながら転圧状況の確認や転圧不足の個所の把握などができるので、転圧不足の起きない操作が可能です。
このシステムは複数台の重機にそれぞれ搭載することで、それらを同時に作動・管理することができます。

計測したデータや転圧状況はCFカードに保存されるので、これらを管理用のパソコンに読み込むことで作業状況を把握することができます。
複数台の重機のデータも読み込んで一元管理できるので、施工区域全体も簡単に把握できます。
なお、各重機のデータは別々に管理できるので錯綜することはありません。

※重機によっては地盤反力データを取り込むこともできます。詳しくはお問い合わせください。

その他のマシンコントロールはこちら

盛土管理は品質規定方式から工法規定方式へ

品質規定方式:RI計法、砂置換法
締め固め後の現場密度を直接計測し、盛土の品質を締め固め度で管理します。
工法規定方式
事前の試験施工によって、規定の締め固め度が得られる締め固め回数を確定します。RTK-GPSで得られる高精度の位置情報を利用して、締め固め機械の転圧回数をリアルタイムに管理します。

特長

  • 転圧回数の管理により、盛土全面の管理を面的に捕らえることができ品質の向上に繋がります。
  • 品質規定方式で適用できる土質の粒径は、RI計法が100ミリまで、砂置換法は53ミリまでが限界でした。岩塊盛土に対しても適切な回数設定した上で適用できます。
  • 管理用のメッシュサイズは任意に変更できます(JHの標準仕様では50センチ)。
  • 締め固め回数を決定しその規定回数を転圧します。転圧回数ごとの色が表示されるので即座に転圧状況が把握でき、次層盛土などへの迅速な移行が実現し工程を短縮できます。
  • 締め固め回数の管理による過不足転圧の防止。
  • オペレーターは車載パソコンのモニターの色によって転圧回数を把握できるので、 過不足転圧の防止になります。また、人為的ミスが少なくなり、オペレーターによる品質差もなくなります。

用途

  • 大規模造成工事の盛土の品質および施工管理。

事例

振動ローラー転圧管理システムの事例は「導入実績」でご覧いただけます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る