NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

CIMコミュニケーションシステム TREND-CORE

土木施工業向けに3Dビジュアライズした3次元CADシステム!

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

CIMコミュニケーションシステム TREND-COREの概要

道路や法面などの土木施工専用コマンドを標準装備し、属性や情報を付加することで3D-CIMモデル構築が可能です。これにより、2Dデータでは分かりづらい施工前のシミュレーションをあらゆる角度から3Dで確認できると共に、モデルに付加された属性情報を一元管理し、維持管理フェーズにおいて施工情報データベースとしても活用が可能となります。

CIMコミュニケーションシステム TREND-COREの特長

簡易3Dモデルの利用
施工手順や安全管理で「工夫・取り組み」を伝える
設計データの確認
道路計画モデルを再現
任意断面で見る管理断面で制御
情報の蓄積
情報の一元管理
蓄積された情報の活用

CIMコミュニケーションシステム TREND-COREの主な機能

設計データのインポート

  • 設計段階で作成された3DモデルをLandXMLファイルで読込み可能です。 (※読込み対象は「線形」「横断」「地形」)
  • 出来高管理ソフト 武蔵の「3次元設計データ作成オプション」で作成した道路モデルを取込むことができます。

地形データのインポート

  • 起工測量などで取得した座標をSIMAファイルから取込み、メッシュ地形を作成します。
  • 国土地理院が提供する基盤地図情報(数値標高モデル)を取込み、メッシュ地形モデルを作成します。
  • LandXML、Surfaceデータをインポートします。

簡易モデリング機能

  • 地形が入力されていれば、高さ情報を参照し線形入力が可能です。
  • 既に登録された線形データを指定することで、標準断面から道路モデルを生成します。
  • 既に登録された線形データや、道路等のデータを参照することで、側溝・ガー ドレールなど道路に沿ったモデルをワンクリックで適切な位置に入力することができます。

横断編集機能

  • 管理断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認および編集が可能で、埋設物などの位置を確認することができます。

法面摺り合わせ機能

  • 設計時に使用した現況モデルと起工時の地形データには違いがあるため、起工時の地形データに合わせた法面摺り合わせ機能を搭載しています。

パラメトリック要素

  • 道路・法面等、道路専用要素モデルは、土木建設業務で使用する名称のパラメーターを設定することで形状を作成します。

専用部品と汎用オブジェクト

  • 今すぐ使える土木施工専用の3D部品(建機を中心に200点以上)を標準で搭載しています。
  • Trimble SketchUpTMのデータをインポートして利用することが可能です。

属性データベース

  • MDB形式で出力でき、維持管理情報として活用可能です。
  • 複数のファイルやURLをリンクとして登録可能で、3次元モデルをベースに情報の一元管理と活用が可能です。

簡易3Dモデルの使用

施工手順や安全管理で「工夫・取り組み」を伝える

豊富な3D部品 地盤を入力
砂や砂利などの素材を選択

仕様

CIMコミュニケーションシステム TREND-COREの動作環境は、64Bit Windows専用となります。

動作環境
OS(Windows) Microsoft®Windows7 SP1 64bit版
Microsoft®Windows8.1 64bit版
(推奨 Windows8.1 64bit版)
※ 仮想マシン上での動作は保障外です
※ SP1を適用していないWindows7・Windows8 は、動作保証外です。
CPU Core i5(推奨Core i7以上)
DirectX 9以降が正しく動作するグラフィックス機能が必要
必要メモリ 4.0GB以上(推奨8.0GB以上)
必要HDD容量 1.5GB(推奨2.0GB以上)
【FAT32・NTFSファイルシステム】
ディスプレイ 1280×1024(推奨1600×1200)true color
VIDEO DirectX 11.0 対応グラフィックカード 
VIDEOメモリ 512MB(推奨1GB以上)
その他 Internet Explorer 8.0 以上必須
Microsoft .NET Framework Version 4.5

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る