NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】

三次元座標管理をリアルタイム自動計測!遠隔地からのデータ観測も可能!
NETIS登録番号:KT-130050-A

イメージ:橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

システム概要

橋梁架設の桁の位置情報を、自動視準式トータルステーションを用いて三次元座標管理を行い、計画高との差分を表示する自動計測システムです。リアルタイム自動計測によって計測のために作業を中断させることがなく、またWebブラウザで遠隔地からのデータ観測も可能です。

写真:主桁架設時の位置出し風景

桁の変形や過大なケーブル張力を常時観測

計測概念

設計値とのダイレクトな比較
従来はレベルで人的に橋梁計測を行うことで設計との比較を行っておりましたが、予めシステムへ設計(計画)データを登録しておくことで、ダイレクトにかつリアルタイムに設計と施工との差分比較を行うことができます。

計測設置図

イメージ:計測設置図

イメージ:計測設置図

架設時の安全管理に

  • 斜張橋を施工する際、完成時の桁の精度確保のためには架設各段階における桁の形状、塔の倒れ、ケーブルの張力の精度管理が重要となります。
  • 橋梁架設施工において過大な桁の変形や過大なケーブル張力を常時観測することで、架設時の安全管理に寄与します。
  • 橋梁桁の形状を自動視準トータルステーションで常時計測することで、架設中の精度管理および安全確保を行います。

主桁架設時の位置出し

桁の張り出し施工中の、設計位置との差をリアルタイムに自動的に橋梁計測します。

画面インターフェース・帳票

無線で回収したデータを、インターネットを通してWebブラウザーでどこからでも閲覧できます。

モニター画面

イメージ:モニター画面

経時変化グラフ

イメージ:経時変化グラフ

変位値のリスト

イメージ:変位値のリスト

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る