NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

電磁波レーダ埋設物探査システム X-Scan PS 1000

非破壊で鉄筋・PC鋼線・塩ビ管・ケーブルなどを探査電磁波レーダによる埋設物探査システム
NETIS登録番号:CB-110039-VE

イメージ:電磁波レーダ埋設物探査システム X-Scan PS 1000
 

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

製品のイメージ

その他の製品動画:PS 1000 X-Scan (提供:日本ヒルティ)

体験版シミュレーションゲーム

シミュレーションゲームを通じてより現実的にヒルティ探査機を体験できます。
こちらからご体験ください。

製品の特長

  • 電磁波レーダ方式による埋設物探査システム
  • 本体性能・点検方法共に、(社)日本非破壊検査協会規格「NDIS 3429:2011」適合機種
  • 表示画面はフルカラーで日本語表記対応。スキャナー、モニター、PCソフトウェアで日本語のヘルプファイルを確認可能
  • モニターとPCソフトウェアでは3次元回転出来る3D画像で結果確認
  • 埋設物の位置とかぶり厚さは、スキャナー単体での探査で素早く把握
  • 斜め方向の埋設物も探査可能
  • かぶり厚さが既知の埋設物であれば、非誘電率設定が簡単に行えるガイド付き

製品の用途

  • コンクリート中の埋設物のかぶり厚さを確認できます。施工管理におけるかぶり厚さの確認
  • コンクリート壁厚やスラブ厚さの確認、施工管理や設計管理における確認作業
  • コンクリート中の鉄筋配列や埋設物配管状況などの把握、構造安全性確認や補修計画の立案に必要な配置確認
  • コンクリートへの穴あけ施工時の埋設物干渉の回避。コア抜き、アンカー施工のための埋設物位置把握

公共工事

  • 落橋防止装置工のコンクリート削孔前、事前埋設物(鉄筋等)の探査
  • 既設コンクリート構造物の維持補修管理
  • 維持補修工事における穿孔前の埋設物探査
  • 新設コンクリート構造物の出来形検査

各機能の特長と用途

イメージスキャン

特長

  • 広範囲の探査(1200×1200mmまで)
  • 埋設物の位置状況を平面図と3D画像で表示
    (3D画像はモニターとパソコン上で表示)
  • かぶり厚さは断面図で簡単に測定
  • 2層目の埋設物も探査可能

用途

  • 建築物の構造確認
  • コア抜き時の安全位置特定

クイックスキャン探査

特長

  • スキャナー単体でその場で探査完了
  • 埋設物位置・かぶり厚さはスキャナー画面上に表示されその場で確認可能
  • 埋設物の配列を平面図で確認可能

用途

  • 穿孔前の埋設物位置
  • かぶり厚さ確認

クイックスキャン記録

特長

  • クイックスキャンデータを最長10mまで記録
  • 埋設物の位置状況を平面図と3D画像で表示
    (3D画像はモニターとパソコン上で表示)

用途

  • 穿孔前の埋設物位置
  • かぶり厚さ確認

使用例

平面図はイメージスキャン箇所の埋設物位置を表示。
任意に選んだX軸とY軸の断面図でかぶり厚さを素早く確認
3次元回転可能な3D表示で、
複数層の埋設物や奥行きを素早く確認

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る