NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

連続RIコンクリート水分計 COARA

コンクリート構造物の耐久性に大きな影響を及ぼす単位水量を、実際に使用されるコンクリート全量に対して測定・管理することが出来ます。
新技術情報提供システム「NETIS」に登録(NO.KK-030005-VE)

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

連続RIコンクリート水分計 COARA

連続RIコンクリート水分計 COARA
連続RIコンクリート水分計 COARA

コンクリート構造物の耐久性に大きな影響を及ぼす単位水量を、実際に使用されるコンクリート全量に対して測定・管理することが出来ます。これにより、コンクリート構造物の品質、特に耐久性を確保することができます。その測定原理は、水分量と関係する中性子線の透過量と、密度と関係するγ線の透過量を検出し、校正式に基づいて水分量および密度を算出し、その他物性値を用いて、最終的にコンクリートの単位水量を算定します(水分量や圧送圧力で、コンクリート密度が変化するため、密度の測定を同時に行う必要があります)。

機種名 連続RIコンクリート水分計 COARA
メーカー名 ソイルアンドロックエンジニアリング

特長

  • 全量測定(測定対象はポンプ配管を通過したコンクリート全量)
  • 連続測定、リアルタイム結果出力
  • 打設時間記録、作業管理容易
  • 簡単操作

概要・原理

連続RIコンクリート水分計 COARA 概要 原理

  • 微弱な放射性同位元素(RI)を用いた測定器です。
  • 検出部では中性子およびγ線の数に対応する電気信号を処理します。
  • 処理部では検出部からの電気信号を校正式を介して単位水量に変換します。
連続RIコンクリート水分計 COARA 原理 グラフ
  • 線源から放出された放射線(中性子線及びY線)のうち、コンクリート中の水素原子および電子によって減衰されることなく検出部へ透過してくる放射線を検出します。

測定結果の一例

連続RIコンクリート水分計 COARA 測定結果の一例 グラフ

現場測定

連続RIコンクリート水分計 COARA 現場測定 グラフ

単位水量変化(加水)に対する測定器値の追従性の確認

連続RIコンクリート水分計 COARA 単位水量変化(加水)に対する測定器値の追従性の確認

現場運用

連続RIコンクリート水分計 COARA 現場運用

システム運用の今後

連続RIコンクリート水分計 COARA システム運用の今後

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る