NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)

Corrosion Doctor(コロージョンドクター)は、信号柱や道路付属物(標識柱、照明柱)の地際付近における腐食損傷の程度を定性的にかつ簡易に調べる超音波診断装置です。新開発のSH波振動子により、地際部を開削することなく腐食状況を診断できます。
NETIS登録番号:KT-150121-A

腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特長

  • 地際部を開削することなく容易に腐食状況を診断可能
  • 測定は先端部からの反射波形と腐食部からの反射波形を処理することで、「健全・ほぼ健全・腐食あり」の3分類で表示
  • 装置は小型軽量、かつ可搬性に優れた肩掛け方式を採用
腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)

測定は、鋼管の円周上90度毎に4ヶ所測定し、先端部からの反射波形及び腐食部からの反射波形を管理することで、

「健全・ほぼ健全・腐食あり」の3分類で表示し、
さらに『試掘の必要あり判定=×(腐食)』
および『試掘の必要なし判定=○(健全)』
の最終判定を行うことが可能になりました。


  • 測定は4ヶ所測定!90度毎に回転。
  • 先端部と腐食部からの反射波形を処理することで腐食を定性的に判断。
  • NST-2/LTと同じ構造構成で取扱いが容易、かつ小型軽量で優れた可搬性。
  • データ収録には、高機能タブレットwindowsPC(Venue 11 pro:Dell)を採用。

腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)

本体説明

腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)


測定方法

手順

1、鋼管柱に超音波センサーを当てる位置を決めます。
センサーは地上から20cm以上の高さの位置にしてください。

2、二重管上にセンサーを当てる場合など、地上から20cm以上の高さが無い場合は、なるべく地上から離れた、センサーを密着できる場所に当ててください。
この時、地上部長さを、コンベックス等で計測しておきます。

また、センサーを当てる位置は、表面に凹凸のある場所や、塗装の浮いている場所は避けてください。
そのような場所にやむなくセンサーを当てる場合は、表面を磨いて凹凸が少なくなるようにして下さい。

3、超音波センサーを当てる位置をマーキングします。位置はセンサー位置画面で設定した値と同じにします。
同時にセンサーを当てる部分にホコリやゴミが付着している場合には、乾いた布等でふき取るなどして下さい。(なるべく表面はぬらさないで下さい。)

4、センサーを鋼管柱に密着させます。超音波センサーの中心部に接触媒質を塗ります 。
(塗布量は2cm 程度)

超音波センサーを支柱に強く押しつけます。

センサー中心部を管に密着させ、地面に対して垂直になる様に押しつけて下さい。センサーは、センサーケーブルが接続されている方が上になります。

測定結果画面

腐食・健全度診断装置 CorrosionDoctor(コロージョンドクター)

測定結果表

角度
0°,90°,180°,270°の4方位です。
腐食指数
数値が大きいほど不健全(腐食あり)な状態である可能性が高くなります。
判定
不健全(腐食あり)な状況と判断した場合は×、健全と判断した場合は○、ほぼ健全は△で表示します。

構成品

  • 本体
  • タブレットPC(Venue 11 pro:Dell/本体に取付済)
  • ACアダプタ(本体用/電源ケーブル付)
  • ACアダプタ(タブレット用/電源ケーブル、USBケーブル付)
  • 標準プローブ
  • プローブケーブル
  • 接触媒質(ソニコート)
  • 取扱説明書(CD-ROM)
  • 収納ケース

オプション品

SH表面波フラット型センサー SH700KHz



価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る