NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

自動平板載荷試験機 DK-PZX

国土交通省提供の新技術情報提供システム 「NETIS」に登録済み。
NETIS登録番号 KT-100031-VE

イメージ:自動平板載荷試験機 DK-PZX

価格のご相談はこちら

DK-PZXは、平板載荷試験にかかわる全工程を完全自動化した試験機です。操作は簡単。パソコンと接続して、ケーブルをセットするだけ!初期設定を行えば、あとは機械におまかせ。試験者の負担軽減と時間の有効活用ができます。

特長

DK-PZXは、ブルドン管式圧力計付きオイルジャッキを用いた、簡易型のOJ式現場CBR試験機です。油圧ジャッキは容量トンのもので最小目盛100kgのブルドン管式圧力計を使用。

  • 手動で行っていた油圧ポンプによる加圧・減圧をパソコンと連動した圧力制御による自動化。
  • 手作業で行っていた圧力数値、地盤沈下量の記録処理をパソコンに自動で取り込む。
  • 発生圧力管理をパソコンからの制御で行うことにより、載荷圧力が正確に保持できる。
  • 記録処理をパソコンへの自動取り込みに変えたことにより、人間が長時間いることに適さない環境でも無人機と同様な試験を実施することができる。また、各段階のデータをデジタル値で直接取り込め、整理の省力化、工程短縮が可能。

機器はレンタルレックスのページでご案内しております。

パソコンに接続したら、必要な初期値を入力するだけ!

パソコンに接続したら、必要な初期値を入力するだけ!

手動 平板載荷試験用データ演算装置

手動 平板載荷試験用データ演算装置

試験目的

地盤の平板載荷試験は、地盤の支持力特性を把握することを目的として行います。
地盤反力係数や極限支持力を求めます。
※ 例 大型建築構造物・土木構造物など

内容

地盤の平板載荷試験では試験地盤面に対し剛性の強い載荷板を設置して、段階的に荷重を載荷して、そのときの載荷荷重と地盤の沈下量から、地盤の極限支持力や地盤反力係数などを求めます。
平板載荷試験には荷重を載荷する際に反力が必要となります。反力荷重としては、現場の状況に応じてバックホウや鉄板などを使用します。
構造物の設計荷重確認を目的とする場合、試験最大荷重は設計荷重の3倍以上に設定します。載荷方法には段階式載荷(1サイクル)と段階式繰返し載荷(多サイクル)があり、目的に応じて載荷方法の選択を行います。また、試験は設置から撤去まで1 箇所あたり4 時間程度かかる試験です。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る