NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

生コン・砂水分計 HI-330J

JR東日本様「土木工事標準仕様書」の正式採用測定器
NETIS登録番号:TH-000001-VE(※平成29年掲載終了)

イメージ:生コン・砂水分計 HI-330J NETIS登録番号:TH-000001-VE

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

静電容量測定方式の生コン水分計です。自動ふるい器ウェットスクリーナ、計量天秤、プリンターも付属しており、測定に必要なものはすべて揃っています。細骨材(砂)の水分測定もできます。

概要

コンクリート強度は一般に打設後28日の圧縮強度を測定していますが、これで強度不足とされても、再施工は実際上不可能です。このような背景から、現場で迅速に生コン(モルタル)の水セメント比が得られる測定機器が求められています。通常、水セメント比のセメント量については計量記録から正確に把握することができますが、水分量は練り混ぜ水以外に骨材に付着した表面水の混入や、スランプ適合の補正も考慮しなければならず、正確な単位水量の把握は困難を極めます。施工時点で生コン(モルタル)の水分測定を行い、単位水量を求め水セメント比が正確に判定できれば、このようなトラブルは避けられます。
HI-330Jはウエットスクリーニングした生コン(モルタル)を試料容器に入れ、測定キーを押すだけで、簡単に水分測定ができ、単位水量と水セメント比を表示することができます。また、細骨材の表面水率をすばやく測定することができます。
測定データは126点記憶することができ、付属のプリンターで測定データなどの管理資料の出力も可能です。 建設、土木分野の施工管理機器、あるいは生コンプラントにおける品質管理機器として適しますHI-330JはJR東日本「土木工事標準仕様書」の正式採用測定器です。

特長

  • JR東日本様「土木工事標準仕様書」 の正式採用測定器です。
  • 平成12年度 建設省東北地方建設局主催 建設技術提案(3D)表彰受賞商品。
  • コンクリート工学年次論文発表器。
  • 水セメント比、単位水量、平均値などを専用のオプショナルプリンターに記録することができます。
  • 測定データを126点、記憶することができます。
  • 日付と時間を表示し、記録することができます。
  • 電源は電池またはACアダプターの2電源方式です。また、使用環境を考慮し、水濡れに対応する生活防水仕様です。
  • 30分以上キー操作をしないと、自動的に電源が切れます。

機器はレンタルレックスのページでご案内しております。

用途

表示画面

  • 生コンの打設現場。
  • 生コンプラントや施工現場。

表示画面・プリンター印字例

画面表示例

日付表示例 メニュー表示例 生コン水分測定表示例
日付表示例 メニュー表示例 生コン水分測定表示例
配合(調合)データ表示例 生コン測定モード表示例 細骨材水分測定表示例
配合(調合)データ表示例 生コン測定モード表示例 細骨材水分測定表示例

プリンター印字例

印字例1 印字例2
印字例1 印字例2

使用方法

生コン・砂水分計

1.ウエットスクリーニングし
たモルタルを試料ケースに入れます。
2.モルタルの場合、空隙を除きます。 3.試料の表面を平らにします。 4.測定条件の入力。
1.ウエットスクリーニングしたモルタルを試料ケースに入れます。 2.モルタルの場合、空隙を除きます。 3.試料の表面を平らにします 4.測定条件の入力。
5.試料ケースをセットします。 6.測定ボタンを押します。    
5.試料ケースをセットします。 6.測定ボタンを押します。    

生コンふるい器

1.生コンをふるいに入れます。 2.ヘラで均等にならします。 3.ふるいを振動させます。 4.受皿にモルタルが採れます。
1.生コンをふるいに入れます。 2.ヘラで均等にならします。 3.ふるいを振動させます。 4.受皿にモルタルが採れます。
生コンふるい器TZ-610    

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る