NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

バックホウ用監視システム メットセンサー

バックホウ用監視システム メットセンサーは、バックホウの作業半径内に作業員が侵入すると、作業員と重機オペレーターの双方に音と振動で危険を知らせます。
NETIS登録番号:KT-100103-V

バックホウ用監視システム メットセンサー

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

特長

メットセンサーは、バックホウの作業半径内(2m)に作業員が侵入すると、作業員と重機オペレーターの双方に「音」「振動」で危険を知らせます。

フレキシブルセンサーを付けたバックホウが作業員に接近すると作業員には「音と振動」で注意を促し、オペレーターには「警報音」で危険を知らせます。
周囲のコーンやガードレール等、物には反応しないので夜間の工事に使用しても無駄な警報音を出しません。運転席から死角となる右前方部もセンサーが監視します。
本装置は、専用の充電池で動作するので面倒な配線作業がなく現場で短時間に使用できます。

※ヘルセンサーはオプションとなります。

NETIS登録情報

技術名称:バックホー用作業半径内監視システム

システムの特徴

  • バックホーの側面・後方周囲にセンサーを磁着し、センサーから赤外線を発光させる。
  • 作業員がセンサーから2m以内に近づくと、作業員のヘルメットに装着した赤外線受光器が音と振動を発し、作業員に警告する。
  • 作業員への警報と同時に、ヘルメットに装着した受光器内にある電波発信器がバックホーに磁着させた受信器に送信し、オペレータ用ブザーにより、オペレータに警告する。

適用可能な範囲

  • 0.7m3以下のバックホーに適用可能。

特に効果の高い適用範囲

  • 夜間工事やトンネル内工事
  • 複数の建設機械等と隣接して作業を行う工事

用途

  • 道路工事
  • 共同溝工事
  • 上下水道工事
  • 土工事

仕様

方式 対抗式赤外線感知方式
感知距離/感知上下幅 約2m / 約2.5m
出力 オペレーター用ブザー 断続ブザー音、LED点滅
ヘルセンサー 断続ブザー音、LED点滅、振動、電波送信
赤外線発光器 LED点滅
電源 電波受信機 DV11V~28V
ヘルセンサー 内蔵バッテリ 3.6V
充電器 専用電池BOX 3h充電で最長18h持続
(専用電池BOX用充電器付属)
ヘルセンサー 8h充電で最長18h持続
(最大8個同時接続可能)
動作保証温度 -15℃~60℃
保護等級 IP56(メットセンサー)

構成機器

標準構成品

  • 専用電池BOX
  • コントローラ
  • 専用電池BOX用充電器
  • オペレーター用ブザー
  • ヘルセンサー用充電器
  • フレキシブルセンサーA(0.75m)
  • フレキシブルセンサーB(1.75m)×3
  • 取扱説明書

オプション品

  • ヘルセンサー

※ヘルセンサーは最大8個まで一度に充電可能です。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る