NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

空気圧ピン貫入試験機 APPテスター

空気圧により、コンクリート強度を測定! NEXCO試験法 726 2009

空気圧ピン貫入試験機 APPテスター

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

概要

空気圧ピン貫入試験機は、空気圧により専用のピンをコンクリートに打ちこみその貫入深さを測り、コンクリート強度を推定する試験機です。吹付コンクリートの初期強度試験に使われているプルアウト試験機にとって替わる簡単な試験法で、供試体を必要とせず、壁面に吹付けられたコンクリートを原位値で試験する事ができます。

特長

  • 取り扱いが簡単で試験結果に個人差が生じません。
  • 空気圧力により安定した貫入力が得られます。
  • 貫入方向に制限がなく、トンネル壁面での原位置試験が可能です。
  • 貫入抵抗の異なる2種類のピンの使用により、広範囲の強度推定が可能です。
  • (ピンA:10~30 N/m㎡  ピンB: ~10 N/m㎡)
     ※ピンA/ピンBは測定範囲によってお選びいただけます。

  • 日本道路公団規格品 JHS726-2001

用途

  • トンネル工事の初期強度測定に
  • ※測定前にテストアンビルを用いた校正が必要です。(ご購入ください)
    ※ピンA、ピンBは購入が必要となります。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る