NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

ドローン計測サービス

空撮・構造物の調査・測量など、立ち入りが難しい危険な場所でも上空から安全に計測・撮影いたします!
JUIDA無人航空機操縦士4名在籍!

※JUIDA無人航空機操縦士とは…無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者

ドローン計測サービス

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

空撮における3つのサポートをご用意いたしました。

  • 3次元測量

    3次元測量

    立ち入りが難しい危険な場所でも上空から撮影。画像から3次元データを作成し土量や数量算出を行います。ドローンと※地上レーザーを組み合わせれば、安全かつ効率的に測量することが可能です。
    詳しくはこちら

  • 空撮

    空撮

    弊社スタッフがドローンを操縦し、ご依頼の動画・静止画を撮影します。ご希望により、空撮した写真を360度パノラマ写真にしたり、WEBコンテンツとして配信できるよう360度パノラマコンテンツの作成も行います。 詳しくはこちら


  • 構造物診断

    構造物診断

    サーモグラフィーを使用し、外壁剥離診断、橋梁の診断、室内漏水の調査、補強材の検証を行います。 詳しくはこちら


こちらもお読みください。

3次元測量

測量空撮の特長

  • 立ち入りが難しい危険な場所でも上空から安全に計測・撮影(静止画/動画)
  • 撮影した画像から3次元データを作成し土量や数量算出
  • ドローンと※地上レーザーを組み合わせれば、安全かつ効率的に測量することが可能
    ※レーザースキャナーの方がより高精度のため、現場状況により使い分けることをおすすめいたします

使用機器

ドローン測量の際は、パートナーシップを締結しているテラドローン社が行います。
レーザードローンについてはこちら をご覧ください。

テラドローン社とは
テラドローン株式会社では、ドローン(UAV)を用いてレーザ・写真測量を行い、高精度3次元図面を短時間で作成、土量管理、工事の進捗管理に役立つサービスを提供しています。 レックスではドローン測量の実績とノウハウを持つテラドローン社とパートナーシップを締結し、土木現場の更なる自動化・省力化を推進していくことになりました。

計測成果物

3次元モデル

3次元モデル

空撮

弊社で空撮を代行いたします。
撮影データは即日のお渡しが可能。ご希望により、空撮した写真を360度パノラマ写真にしたり、WEBコンテンツとして配信できるよう360度パノラマコンテンツの作成も行います。
JUIDA無人航空機操縦士4名在籍しております。

※JUIDA無人航空機操縦士とは…無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者

使用機器

DJI ドローン PHANTOM 4

手軽に直感的に飛ばすことができるドローンです。離陸から着陸まで思い通りに操作が可能で、安全で安定したフライトを楽しむことができます。2km先へ飛ばしていても、組み込み済みのLightbridge技術により、機体操作やHD画質でのリアルタイムの映像確認を行うことができます。

空撮に使用する機器は都度変更される場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

PHANTOM3

動画



360度パノラマ写真・360度パノラマコンテンツ

ご希望により、360度パノラマ写真・360度パノラマコンテンツを制作いたします。

パノラマ写真


クリックすると拡大写真をご覧いただけます。

パノラマコンテンツ

パノラマ写真をWEBコンテンツファイルとして納品いたします。サーバーにアップロードすることで、WEBコンテンツとして見ることが可能です。サンプルはこちら からご覧いただけます。

サーモグラフィを使用した構造物の調査

構造物診断向け赤外線サーモグラフィを使用し、外壁剥離診断、橋梁の診断、室内漏水の調査、補強材の検証を行います。

外壁剥離診断
赤外線サーモグラフィ R300S

橋梁の診断
赤外線サーモグラフィ R300S

室内漏水
赤外線サーモグラフィ R300S

補強材の検証
赤外線サーモグラフィ R300S

使用機器

サーモグラフィ用ラジコンヘリ HERI8-W7000F

高所のソーラーパネルやメガソーラーの検査、橋梁や鉄塔などの検査に最適なラジコンヘリです。GPS機能により地球上の衛星6機と位置情報をキャッチし正確なHERIの位置を確認しホバリングします。

レンタル時にはメーカーによる講習が必要となります。また、 ご利用に際しては別途同意書などにご記入いただいております。

サーモグラフィ用ラジコンヘリ HERI8-W700の詳細を見る

サーモグラフィ用ラジコンヘリ HERI8-W7000F

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

飛行のために必要な準備とリスク

航空法が改正され、2015年12月10日に、無人航空機を飛行させる際の飛行ルールが施行されました。
改正航空法についてはこちら(PDF) をご確認ください。

飛行範囲・周辺調査
各空港等の周辺に設定されている進入表面等の大まかな位置や人口集中地区の範囲を記載した地図については、地理院地図 においても確認が可能です。
飛行許可申請書提出(3~4週間)
空港等の周辺の空域や人口集中地区の上空を飛行させる場合等、また、夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合等には、国土交通大臣の許可や承認が必要です。
許可・承認の申請手続きの最新情報は国土交通省のホームページ よりご確認ください。
操縦不能による墜落・衝突など危険性の認識
万が一、無人航空機の飛行による人の死傷、第三者の物件の損傷、飛行時における機体の紛失又は航空機との衝突若しくは接近事案が発生した場合には、国土交通省(空港事務所)へ情報提供が必要です。

飛行ログ

飛行ログ

計測日数の目安

範囲が10,000m2の場合

現場撮影:1日、解析など:1日
合計2日程度となります。

※あくまで目安とお考えください

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る