NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

衝撃弾性波スキャナー IES

コンクリート厚さから内部空洞探査まで!
シース管グラウト充填探査器のレンタルです。 プレストレストコンクリート(PC)橋梁に埋設された金属製シース管内のグラウト充填状態を瞬時に可視化!
ASTM ※C1383-04準拠

衝撃弾性波スキャナー IES

※ 米国試験材料協会

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

電磁波レーダでは測定することができなかった金属製シース管内部の状況を把握することができます。 回転式センサーとそれに連動したインパクターを使うことにより、約25mm間隔で壁厚を測定することができます。これに複数の測線の結果をあわせ、3D解析を行うことにより、シース管や空洞の位置およびシース管内部の状況を探査することができます。

特長

  • インパクターと回転式センサー(特許)をスキャナーに搭載(右写真)
  • 一体型スキャナーにより、高密度(約25mm間隔)測定を短時間で実施
  • シース管グラウト充填状況、コンクリート躯体厚、内部空隙、水平クラック、ジャンカ、剥離の位置を現場で3D表示
  • コンクリート厚さから内部空洞探査まで
  • 厚さ測定精度は2%(キャリブレーション実施時)と高精度
  • ASTM C1383-04に準拠

コンターマップ

IESの特長の一つが広い面積の深さコンターマップが描けることです(右図)。コンターマップのサイズは、測定前に構造体のサイズにあわせて決定します。センサーは、その進行方向に対して1inch(2.5cm)間隔で測定しますので、測線間隔の設定によっては緻密なデータを収集することも可能です。


床面での測定

床面での測定では、専用の延長ポールと重りを使うことにより、歩行測定が可能です。


金属製シース管内のグラウト充填状態を検知

インパクターから弾性波を発信
壁面・空洞等で反射した弾性波周波数を厚みに変換

衝撃弾性波スキャナー IES / Freedom Data PC

空洞分布図(上記の探査結果)

衝撃弾性波スキャナー IES / Freedom Data PC

厚さ3D表示

衝撃弾性波スキャナー IES / Freedom Data PC

測定条件

衝撃弾性波法は、弾性波がコンクリート部材の厚さ方向に多重反射することによって生成される定在波の基本周波数を元に部材の厚さを推定する方法です。そのため、以下のような部材での測定には向きません。

厚さが測定範囲よりも厚い場合

最大測定厚は50cmです。

側壁の影響を受ける場合

部材の大きさ(縦、横)が、部材厚さの約6倍より小さい場合は、側壁からの影響を受けるため、基本周波数の判別が困難となります。

部材厚さが一定で無い場合

IESは、厚さ方向に多重反射して生じる基本周波数を基準としてシース管の有無、シース管内のグラウト充填状況を評価します。そのため測定部分の部材の厚さが一定か、もしくは軽いテーパー状である必要があります。中空スラブ(右図)のような厚さが大きく変化する部材での測定はできません。


フランジ部分の測定

フランジ部分のように、IESの可動範囲が限られる部分での測定は向きません。

仕様

製品名 衝撃弾性波スキャナー IES(アイイーエス)
型式 IES
測定方式 衝撃弾性波法
探査対象物 コンクリートの厚み,空洞
測定間隔 25mm
測定精度 2%(キャリブレーション実施時)、10%(キャリブレーション未実施時)
最大測定厚 1m(条件によります)
受信間隔 25mmに1回
測定可能厚さ Light 7.5cm~45cm
Heavy 45cm~90cm
走査最大速度 60cm/秒
推奨走査速度 30cm/秒
周波数フィルター ハイパス、ローパス、バンドパスフィルター
電源 PC用リチウムイオン電池 (8~10時間)

構成品

標準構成品 IES本体、Freedom data PC(PC用電源コード)、IEパルス発振モジュール、入力モジュール、IESケーブル、床面測定用重り(3.2kg)、収納ケース、取扱説明書

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る