NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

気象計測

雨量や河川水位を監視し警報発信を行うといった、気象計測システムのご紹介です。

風速表示装置 rexse ダブルウィンド

工事現場に最適な風速表示装置に、最大風速・平均風速どちらも表示可能なタイプが登場しました。

風速表示装置 rexse ダブルウィンドの詳細を見る

風速表示装置 rexse ダブルウィンド

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


水位モニタリングシステム rexse WL

水位データをリアルタイムモニタリングを行うシステムです。測定を行う場所に計測ボックスを設置して、電源を供給します。

水位モニタリングシステム rexse WLの詳細を見る

水位モニタリングシステム rexse WL

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


無線温湿度計 HT-100-24G

新世代MEMSデジタル温湿度センサーと無線ICタグを組み合わせた無線温湿度計です。2.4GHzで小型送信機によるマルチポイントでの温度・湿度の分布測定ができます。

無線温湿度計 HT-100-24Gの詳細を見る

無線温湿度計 HT-100-24G

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


警戒水位検知装置 AKI-1805

くし形電極センサーとくし形電極間の抵抗値により、 水分の有無を判定出力する駆動回路を一体化した簡易型水位検知センサです。

警戒水位検知装置 AKI-1805の詳細を見る

警戒水位検知装置 AKI-1805

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


河川水位警報システム
NETIS登録番号:KT-110027-A

水位をリアルタイムに監視し、急激な増水に対して即時、注意換気のための回転灯を点灯しブザーを鳴らします。 災害により万が一、通信が不通となった場合も関係なく増水の回転灯とブザーは起動しますので、周囲の住人はより確実に警報を知ることができます。

河川水位警報システムの詳細を見る

イメージ:河川水位警報システム

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


風速表示装置 rexse ウィンド

工事現場などに設置し、 風速(スカラー)を瞬時値、若しくは平均値にて表示させ、設定値を超えた場合に警報を動作させることができます。表示部分と計測器部分が分離式ですので、測定場所から離れたところでのデータ表示・警報動作が可能です。

風速表示装置 rexse ウィンドの詳細を見る

イメージ:風速表示装置 rexse ウィンド

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


リモートウェザーシステム

電力設備のない場所での気象データを、バッテリーとソーラーパネルを組み合わせて観測することができます。観測データは、NTTドコモのFOMA通信網を活用して全国広範囲でのデータ収集をすることができます。

リモートウェザーシステムの詳細を見る

イメージ:リモートウェザーシステム

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


雨量監視警報システム rexse レインモニター

従来の雨量計測に加えて、一定量の閾値を超える場合に監視者等に対して警報発信(パトランプ、メール等)が出来るシステムです。現場での希望内容に合わせてデータ記録の方式を変更することが可能です。

雨量監視警報システム rexse レインモニターの詳細を見る

イメージ:雨量監視警報システム rexse レインモニター

価格のご相談はこちら 技術的なご相談はこちら


情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る