NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

情報化施工とは

国土交通省は、平成20年7月31日に「建設施工分野におけるイノベーションを実現するICT(情報通信技術)」を打ち出しております。こちらでは、建設施工における新たな施工システムの総称「情報化施工」や「建設ICT」の意味をご紹介しております。

情報化施工

情報化施工とは、建設事業の手順である、調査、設計、施工、監督・監査、維持管理のうち「施工」に着目して、ICT(情報化通信技術)の活用により得られた電子データを活用して高効率・高精度な施工を実現します。
さらに得られた電子データを別の施工で活用することによって、建設工事全体の生産性の向上や品質の確保が図れます。
国土交通省では、直轄の道路土木工、舗装工、河川土木の各工事において、大規模の工事では2010年度までに、中小規模の工事では2012年度までに、情報化施工を標準的な施工・施工管理方法として位置づけています。

情報化施工に関係する製品にはこのようなものがあります。

情報化施工の実現イメージ

建設ICT

建設事業における「調査・設計・施工・維持管理・修繕の一連の建設生産システムにおいて、効率化・高度化による生産性向上に寄与する情報通信技術」を「建設ICT」といいます。
ICTとは「Information and Communications Technology」の略で、GPS、無線LAN、インターネット、PHS、パソコンなどの情報通信技術を使って自動化を図ることです。この技術を建設機械に利用したのが建設ICTなのです。
例えば、ブルドーザーやグレーダーの排土板をGNSS(汎地球測位航法衛星システム)やトータルステーションを利用して自動制御することにより、オペレーターの操作を簡素化することができます。

情報化施工推進会議

国土交通省では、建設施工の生産性向上、品質確保、安全性向上、熟練労働者不足への対応など、建設施工が直面している諸課題に対応するICT施工技術(情報化施工)の普及に向けて、産学官の委員により構成する「情報化施工推進会議」を平成20年2月25日に設立。
実施工での適用が進みつつある「情報化施工」が、通常の建設機械を用いた従来の施工方法に代わる施工方法として広く普及することにより、建設施工のイノベーションを実現することを目的とし、情報化施工の普及に向けて克服すべき諸課題の解決に向けた対応方針およびスケジュール、具体的な目標などについて検討を行い平成20年7月31日に「情報化施工推進戦略」をとりまとめています。

↑ページのトップに戻る

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る