NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

品確法と総合評価方式

平成17年4月1日から、「品確法(公共事業の品質確保の促進に関する法律)」が施工され公共工事は、より安全で品質の高い社会資本整備を進めていくことが求められています。こちらでは、「品確法」や品確法に準拠した入札方式の「総合評価方式」についてご案内します。

品確法とは

公共工事の品質の確保を促進することで、国民の福祉の向上や国民経済の健全な発展につなげるために制定。

総合評価方式とは

公共工事の価格と品質を両方評価し、総合的に優れた調達を行う方法。3タイプに分類されます。

VE提案とは

機能や性能を低下させることなく、これまでとは異なる手段で実現させ、コストダウンを追求します。

評価項目と評価基準

提案内容を数値化して、最もコストパフォーマンスの良い落札者を判定する「評価項目」や「評価基準」。

落札までの流れ

提案募集から落札までの一連の流れをご紹介。

プロポーザルとは

主に業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定すること。


情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る