NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

価格と品質を両方とも評価する「総合評価方式」とは

「総合評価方式」とは、公共工事における入札で、価格だけで評価していた従来の落札方式と違い、品質を高めるための新しい技術やノウハウといった価格以外の要素を含めて評価する新しい落札方式のことです。

プロポーザルについてはこちら

総合評価方式と従来の方式との違い

総合評価方式に対応した製品はこのようなものがあります。

導入のメリット

1.品質面でも競争することで、公共工事自体の品質を向上

総合的なコストの縮減に関する技術提案、工事目的物の性能・機能の向上に関する技術提案などが審査・評価の対象になります。これらの技術提案に対する評価が低いと落札しにくくなるため、公共工事自体の品質が底上げされます。
それに加え,企業の施工実績や配置予定技術者の能力に付いて評価することも考えられますので,施工能力の乏しい者が落札し公共工事の品質の低下や工期の遅れを招くことを防止できると期待されています。

2.工事周辺の住民や利用者にできるだけ迷惑をかけない

入札の段階で、施工計画が条件(地形、地質、環境、地域特性など)を踏まえて適切であり、優位な工夫がみられるなどのチェックが入ることで,想定される問題を事前に把握することができます。それに加え、騒音の低減、周辺の環境や街並みとの景観の調和なども評価対象になるため,結果として周辺住民や利用者へかかる迷惑を減らすことも期待されています。

3.建設業者の育成と技術力の向上

総合評価方式の導入により技術的能力や技術提案の審査を実施することにより、公共工事を受注する建設業者の適切な施工や技術力の向上に対する意欲を高めることになり、しいては公共工事の品質の確保に向けて建設業者の育成・技術力の向上に繋がることが期待されています。

↑ページのトップに戻る

基本的にはすべての公共工事が対象

工事中の騒音や振動の低減などの地域への配慮が求められる工事や、街並みとの景観の調和が求められる高架橋や建築物などの工事は、総合評価方式の活用が考えられます。

技術提案に求められる項目

  • 価格以外の総合的なコストの削減(維持管理費・更新費を含むライフサイクルコスト)。
  • 整備する施設の性能・機能の向上(初期性能の維持性・強度、耐久性、美観など)。
  • 環境の維持・配慮(騒音、振動、粉塵、悪臭、水質汚濁、地盤沈下、土壌汚染など)。
  • 交通の確保(規制車線数、規制時間、交通ネットワークの確保、災害復旧など)。
  • 省資源・リサイクル対策。
  • 工事中、完成後の安全対策(第三者に対する安全性の向上)。

総合評価方式に対応した製品はこのようなものがあります。

↑ページのトップに戻る

工事の特性に合わせて3タイプに分類

簡易型

簡易型技術工夫の余地が小さい工事を対象に、発注者が示す仕様に基づき、適切で確実な施工を行う能力を求める場合に評価する総合評価方式のタイプ。
最も多くの工事に適用される可能性が高いのが、簡易型といわれています。それは、簡易型が、工事の現場状況などを踏まえ、適切かつ確実に施工する能力をもっているかどうかを確認すため、簡易な施工計画を評価することを基本としているためです。

標準型

標準型技術的工夫の余地が大きい工事を対象に、発注者が示す標準的な仕様(標準案)に対し社会的要素の高い特定の課題について施工上の工夫などの技術提案を求めることにより、民間企業の優れた技術力を活用し、公共工事の品質をより高めることを期待する場合に適用する総合評価方式のタイプです。
例えば、環境の維持、交通の確保、特別な安全対策などが評価項目として挙げられます。

高度技術提案型

高度技術提案型技術的工夫の余地が大きい工事を対象に、社会的要請の高い特定の課題について、構造上の工夫や特殊な施工方法などを含む高度な技術提案を求めることにより、民間企業の優れた技術力を活用し、公共工事の品質をより高めることを期待する場合に適用する総合評価方式のタイプ。
例えば、ライフサイクルコスト、工事目的物の強度、耐久性、供用性(維持管理の容易性)など、環境の維持、景観などが評価項目として挙げられます。

3つのタイプの選定方法

選定方法

総合評価方式に対応した製品はこのようなものがあります。


情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る