NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

VE提案とは

VE(バリューエンジニアリング Value Engineering)とは、製品やサービスの持つ価値を機能・品質とコストの両面で総合的に優れたものになるよう追求します。建設分野では、目的物、施工方法、維持管理などについてがおもな対象物になります。
目的の性能や機能を低下させずに、全く別の方法や手段を提案してコストダウン(維持管理を含む)を図ったり、総合的な価値を上げることが目的とされています。

従来は民間企業が自社の保有する技術を基に、自ら提案しても、メリットがありませんでした。
しかし、VE提案制度によって、独自技術を活用した提案が可能となり、発注者側に「コストが削減できる」、受注者側は「受注機会が増える」「独自技術に対する評価が受けられる」などのメリットが得られるようになります。
価値(Value)=機能(Function)/コスト(Cost)

VE提案に関係する製品はこのようなものがあります。

注釈

機能
機能とは、モノの果たす働き、役割であり、「それは何をするものか」という問いに対する答えです。なお、その構造物の機能の確保・向上にあたっては、発注者としての周辺環境への配慮、リサイクル、景観といった、品質面も含めて配慮しなければなりません。
コスト
建設費といった初期費の低減のみを目的とするのではなく、ライフサイクルをも視野にいれたコストの低減も含みます。

↑ページのトップに戻る

建設VEに期待される効果

建設業界は他の業界と比べると以下のような特性が異なります。

  • 利害関係者が不特定多数なため、多くのニーズに対応する工夫が必要。
  • 空間的な影響範囲が広いので、外部コストおよび影響抑制に工夫が必要。
  • 企画段階から、建設・供用段階までに膨大な時間と労働力が必要。

VEを導入することで、必要な品質を確保しつつコストパフォーマンスの高いインフラ整備が可能となり、ユーザーの満足度向上につながります。

さまざまな段階における建設VE

建設VEでは、「企画・計画」、「設計」、「施工」、「維持管理」のどの段階でも提案することが可能ですが、国土交通相では、大きく分けると以下の3段階において推進しています。

  • 設計VE(設計段階)
  • 入札時VE(工事入札段階)
  • 契約後VE(施工段階)

それぞれの段階において検討項目が異なりますので、どの段階でVEを実施するのがいいとは単純に言えませんが、詳細設計ができあがった後の抜本的な見直しは大きな手戻りを要するので、プロジェクトの早い段階の「設計VE」の検討を実施することが効果的といわれています。

↑ページのトップに戻る

設計VEの特長

設計段階のVEは、ライフサイクルコストを考慮した経済性を追求しつつ、必要な機能を確実に達成することを目的として、設計段階において施設の機能を機能を検討・分析し、最適な機能の確保を目指す取り組みでです。設計VEにおける価値向上には以下の4つのパターンがあります。

VEにおける価値向上の4つのパターン

設計VEの基本原則

  • 設計VEは、原案を否定するものではなく、より良い設計を目指すための取り組みです。
  • 設計者以外の複数のメンバーにより構成される専門チーム(VEチーム)を組織し、設計者とは違った支店から原設計以上の価値向上を目指す。
  • 対象を「モノ本位」で捉えるのではなく、対象の本質を求められる機能とそれにかかるコストをつかむための機能的なアプローチを行い、機能の確保・向上とともに、機能をより経済的に達成するための取り組み。
モノの本質はその機能
例えば、「橋」というモノ自体を公共サービスとして提供するのではなく、人や物、車などを安全・快適に通行できる機能を提供することが目的なのです。

VE提案に関係する製品はこのようなものがあります。

VEの資格

社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会では、以下のようなVE資格制度を用意しており、VEの理解の促進と普及に務めています。

VEリーダー
企業、団体などの組織の生産ラインマン、グループリーダー、第一線監督者、中間管理職などの方々が、それぞれの職場やグループでの活動において、VE活動のリーダーを努めるために必要な基礎知識を持っている人材。
VEスペシャリスト
企業、団体などの組織で、VE活動の実施・推進の任に就く責任者、担当者などの方々が、VE専門家として備えるべき諸知識や技術、経験をもっている人材。
CVS認定制度
日本VE協会では、米国VE協会(SAVE International)との提携により、VE専門家資格であるCVS(Certified Value Specialist)の認定と国際登録を行っている。このCSV資格は、受験者のVEに関する知識、経験、行動について審査し、極めて高い水準に達していると認められた場合に授与されるもので、日米双方のVE協会に国際登録される。

社団法人日本バリュー・エンジニアリング 

↑ページのトップに戻る

VE提案の事例

以下のレンタル機器やシステムは、お客さまがVE提案に用いられ、実際に使用されました。

騒音振動表示装置 EB-01

騒音振動表示装置 EB-01

工事現場などに設置し、騒音レベルや振動レベルなど2種類のレベルを同時に表示し、設定値を超えた場合に警報を動作させる装置です。用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能です。
詳しくはこちら


三次元変位計測システム

三次元変位計測システム

工事現場などに設置し、騒音レベルや振動レベルなど2種類のレベルを同時に表示し、設定値を超えた場合に警報を動作させる装置です。用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能です。
詳しくはこちら


ローテーティングレーザー RL-100 2S(トプコン)

ローテーティングレーザー RL-100 2S

X軸±10%、Y軸−5~+25%の2軸の勾配設定範囲で急勾配にも対応しました。使用範囲が直径800m、85時間の長距離・長時間稼働です。何度でも同じ施工面を再現するクローズドループ構造により高再現性を実現。
詳しくはこちら


簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62

JISA1210規格に相当するランマーに特殊な加速度計を組み込んだもので、締め固められた路床・路盤に45cmの落下高さから4.5kgの重錘を自由落下させ、その衝撃加速度「インパクト値」の大小をデジタル表示器に即座に表示します。
詳しくはこちら


騒音振動計測システム レグゼ SVモニタリング

騒音振動計測システム レグゼ SVモニタリング

騒音や振動を複数箇所で自動測定し、測定結果を集中管理するシステムです。測定したデータは管理場所まで伝送するのでパソコンでリアルタイムに管理できます。計測器は、騒音計、振動計を合わせて最大8台まで接続できます。
詳しくはこちら


DGPS受信機 DSM232(ニコン・トリンブル)

DGPS受信機 DSM232

DSM232シリーズは、中波ビーコン基地局やMSASなどの補正情報を受信し、サブメートルで位置を算出することができるDGPS受信機です。浚渫作業・深浅測量などの海上利用に適しています。
詳しくはこちら


精密ティルティングレベル N3(ライカジオシステムズ)

精密ティルティングレベル N3

国土地理院認定1級水準儀。1km往復標準偏差:±0.2mm 。
詳しくはこちら


生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02(マルイ)

生コン単位水量計 W-Checker MIC-138-1-02

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能です。計測部と操作用パソコンとは無線通信で、現場測定向きに作られています。
詳しくはこちら


VE提案に関係する製品はこのようなものがあります。


情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る