NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01

異常変位をリアルタイムで検知&警報!
工事現場付近の地盤沈下やトンネル内空変位の監視に最適です。

イメージ:リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

概要

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01は、一定間隔で連続的に現場の写真を高画質撮影・高速転送・高速解析し、急激な変位があった場合に警報でお知らせします。こちらをレンタルして工事中の危険を事前に察知し、現場の安全確保にお役立てください。

特長

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01の特長は、施工現場付近の地盤沈下などの異常をリアルタイムで察知し、異常変位が現れた際にすぐに警報で知らせる点です。施工現場での危険を減らして安全性を強化したい!とお考えの方はぜひレンタルしてみてください。

異常をリアルタイムで監視し、安全性アップ!

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01は、数秒間隔で現場の写真を撮影し、1枚ずつ素早く解析を行います。 高性能で高速転送ができるカメラを利用して監視中の無駄を省き、画像解析にかかる時間を減らすことにより、リアルタイムでの危険察知・警報が可能となりました。
※解析にかかる時間は使用するパソコンの処理速度や計測する場所によります。

高速転送ができるカメラを使用!

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01は「パナソニック Lumix GH6」という機種のカメラをレンタル構成品としており、写真の高速転送(転送にかかる時間は平均0.3秒/枚)ができるカメラなので、撮影から転送、解析までの時間がとても速く、その分すぐに危険を察知できます。
こちらのカメラを使用し、一つの写真で高精度な画像処理を行うので、複数の基準画像は必要ありません。

パソコンにUSBを挿し込むだけでどのパソコンからでも使用可能に!

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01のライセンスはUSBをドングルとして使用しているため、お持ちのパソコンにUSBを挿し込むだけですぐに使用を開始できます。(複数のパソコンで同時に使用するのは不可です。)

機能紹介

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01は、施工現場付近で起こった大きな変位を素早く検知して警報を発する機能を備えています。こちらをレンタルし、異常変位などの危険をすぐに察知することで現場の安全性向上にお役立てください。

用途

リアルタイム画像変位監視システムZoomRT-01は、日単位~1か月ほどの短期での工事中に起こり得る地盤沈下や、工事中のトンネルの内空変位などの危険(異常変位)を監視する用途でレンタルされます。

仕様

利用期間 日単位~1ヶ月
想定計測間隔 3秒~1分
重視する性能 リアルタイム性・短期異常検知

カメラ

機種 パナソニック Lumix GH6
平均転送時間/枚 0.3秒
画素数 約2,500万画素
ハイレゾモード※ 約1億画素
複数カメラ同時撮影
備考 ※イメージセンサーをシフトさせながら連続で自動撮影を行い、カメラ内で合成処理する超解像撮影機能。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る