NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

オプション:振動ローラー転圧管理システム rexse ローラー

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

振動ローラー転圧管理システム rexse ローラーのオプション機器のご紹介です。

加速度解析装置(αシステム)

加速度解析装置事例

加速度解析装置事例

概要

  • 本装置は、振動ローラ振動輪の加速度応答が地盤の締固めの進行にともなって変化する現象を利用して、振動輪の加速度から地盤の剛性や密度を計測するシステムです。
    本装置とGPSを利用した転圧管理システムを振動ローラに搭載することにより、施工を行いながらリアルタイムに、かつ施工面全体にわたって締固め品質を評価することができます。
  • 加速度応答を用いた盛土締め固め管理に適応可能。

特長

  • 1.独自の理論構築により、転圧中の振動輪の加速度計測データから地盤変形係数と密度を定量的に評価します。
  • 2.時刻、地盤変形係数、密度を1セットとして、2.0秒毎に本装置内(αシステム)のCFカードにデータを記録します。
  • 3.本装置(αシステム)は、幅12cm×長さ20cm×高さ12cm、重さ3.0kgのコンパクト設計。運転席内のわずかな設置スペースに取付が可能。
  • 4.オプション機能として、
    (1)GPSと車載PCによる転圧回数判定表示、取得データのリアルタイム表示が可能。
    (2)無線LAN構築による遠隔操作(管理室パソコンでの品質確認等)も付加することができます。

※本文/写真ご提供:αシステム研究会様 HP:http://www.alfa-system.jp/

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る