NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

ブラクステール MR180

建設機械やフォークリフトと歩行者・作業者の接触事故を防止するために開発。
人を見分けて、瞬時に警告します。

ブラクステール MR180

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

概要

耐久性に優れた広角ステレオカメラで現状の状況を高速で分析し、接触の危険がある場合にのみ、オペレーターに警告を発します。
危険な産業用、地ならしや採掘機械付近の安全性を向上させるのに役立ちます。
※本製品は安全確保のために警報するものであり、事故を防止するものではありません。
※本製品をご利用いただく際の注意事項などの詳細は取り扱い説明書をご覧ください。

最先端の安全テクノロジー

あらゆる現場内で人(歩行者・作業者)とその他の障害物を区別して、警報を出せる最先端の「インテリジェント・カメラ・システム」です。
検知対象の判別が可能なため、人(歩行者・作業者)への危険がある場合にのみ警報を発することができます。
障害物の近くや壁際、並んだラックの間での作業などで警報が鳴りっぱなしになることはありません。

人とモノを見分ける先端テクノロジー

人とモノを見分ける先端テクノロジー

システムのメインとなるステレオカメラは、フランスARCURE社が開発した過酷な環境に耐えるヘヴィデューティー仕様。
また、障害物の検出技術は、cea list(フランス原子力・代替エネルギー庁システム統合技術応用研究所)があらゆるデータを分析し、約15年かけて開発した特許技術です。


障害物を検知した場合 人を検知した場合
障害物を検知した場合 人を検知した場合
緑色の枠が表示されます 赤色の枠が表示され、警告灯が点灯し、警告音がなります。

検出に関する注意事項

本機は、下の図のような「歩行者と認識することが難しい」姿勢(但し、これらの姿勢だけに限りません)および身長140cm未満の方については、検知できない可能性があります。
また、しゃがみ込んだ人を「歩行者」として検出することができません。ご注意ください。


検出の条件

ブラクステール MR180は歩行者や障害物を検知すると、0.2 秒~0.8 秒後に警報を発します。 歩行者検知についての位置の精度は、センサーヘッドからの距離によって異なります。 センサーヘッドに近い位置(センサーヘッドから 2mから 3m)では 20cm以下の誤差、それ以上に遠い位置においても最大 50cm以下の誤差で検知します。

簡単にバッテリー交換できます。

最低照度は100ルクスですが、検知エリア全体にわたって300ルクスを超えている均質の照明が、推奨されます。

人(歩行者・作業者)が入った場合

人(歩行者・作業者)が入った場合

キャビン内のモニターにアラート(警告)が表示され、同時に警告灯が作動し、オペレーターに危険を知らせます。


過酷な環境に耐え得る

過酷な環境に耐え得る

設現場や荷役作業現場など過酷な環境で使用されることを前提に設計。暗い場所や、粉塵、雨、などの中でも最高の性能を発揮します。
粉塵や泥にまみれる超大型オフロードダンプのリアに装着しても問題なく稼働します。


構成例

2台のセンサーヘッドを 2台のプロセッシング・ユニットに接続する構成です。旋回する建設機械や大型の建設機械等、一度に広範囲の検知を行いたい場合に使用します。

構成例

用途

様々な現場環境にあわせて、検知範囲が自由に設定可能!
※検知範囲の設定はA、Bとも、カメラの視野角120度内の0.3m~6mの間で自由に設定できます。
(視野角内に人体の一部のみしか映ってない場合に、人と認識で着ない場合があります。)
※検知範囲A、Bはそれぞれ個別に、カメラ毎に設定できます。

※下記は一例です。お客様の現場環境により、仕様が異なる可能性がございます。

油圧ショベルの場合

用途 A 人(歩行者・作業者)とその他の障害物を見分けて、人を検知した場合、警報を発します。
用途 B 人(歩行者・作業者)、その他の障害物に関わらず、警報を発します。

油圧ショベル

振動ローラーの場合

用途 A 人(歩行者・作業者)とその他の障害物を見分けて、人を検知した場合、警報を発します。
用途 B 人(歩行者・作業者)、その他の障害物に関わらず、警報を発します。

油圧ショベル

ホイールローダの場合

用途 A 人(歩行者・作業者)とその他の障害物を見分けて、人を検知した場合、警報を発します。
用途 B 人(歩行者・作業者)、その他の障害物に関わらず、警報を発します。

油圧ショベル

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る