NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

風速表示装置 rexse ウィンド

工事現場に最適な風速表示装置 rexse ウィンド

工事現場に最適な風速表示装置 rexse ウィンド

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

デジタル風速表示装置 rexse ウィンド

デジタル風速表示装置 rexse ウィンド
風速表示装置

デジタル風速表示装置rexse ウィンドは、工事現場などに設置し、 風速(スカラー)を瞬時値、若しくは平均値にて表示させ、設定値を超えた場合に警報を動作させる装置です。

機種名 デジタル風速表示装置 rexse ウィンド
型番 rexseWind
メーカー名 レックス

特長

  • 表示部分と計測器部分が分離式ですので、測定場所から離れたところでのデータ表示・警報動作が可能です。
    ※標準:計測器~表示部は3mです。

デジタル型液晶風速計 OWL-3S

風杯型パルス式風速計 23-SP
デジタル型液晶風速計 OWL-3S

OWL-3Sは、警報付きのデジタル表示風速計です。瞬間・平均・10分間の最大瞬間風速をレベルメータで視覚的に表示することができます。

  • アナログ出力(4~20mA)にも対応しており、RS-232C出力や、3点の風速警報機能があります。
  • デジタル化により耐ノイズ性能が大幅に向上しました。
  • 警報値をメニューモードで任意に設定。デジタル化したことで操作が簡単になりました。
  • 内臓された避雷器が、誘導雷などの耐サージ性能をグレードアップ!
  • 簡易風速監視ソフト付ですぐに使用できます。

気象観測機器はレンタルレックスのページでご案内しております。

風速表示装置 rexse ウィンドのよくある質問

風速計の信号ケーブルは何mまで延長可能ですか?
標準で20mですが、加工して短くなっているものもありますので、長さが気になる方はご指定ください。
条件が合えば100m以上も可能ですので、別途ご相談ください。

構成品

標準構成品 計測ボックス、表示器、パトランプ

※ オプションで積層パトライトも可能です。

1段目 通常運転
2段目 1次警報
3段目 2次警報

構成イメージ

デジタル風速表示装置 rexse ウィンド 構成図イメージ

オプション:USBデータロガー JW-LOG

データロガー JW-LOGを使用すると、市販のUSBメモリーで簡単にデータを取り出せます。

USBデータロガー JW-LOG

騒音・振動・粉塵・風速・その他の4~20mAのアナログ出力データを同時に読み込み、測定データを内部メモリーに保存します。

  • USBメモリーはPCに接続することで、データの収取・解析ができます。
  • データロガーの各種設定はRC232CクロスケーブルでPCと接続し、専用ソフトウェアで本体設定を行います。

測定機能

  • 入力数 3チャンネル
  • 入力形態 4~20mA
  • 内部に時計機能を有し、騒音・振動データは10分毎(時間率レベル及び等価騒音レベル)、粉塵・風速・その他のデータは1,10,30分の任意間隔で記録します。(内部演算用のデータは0.1秒毎取得)

仕様はこちら>>

オプション:らくらくクラウド

  • かんたんに後付可能で、防水防塵機能が備わっているため、どこでも設置できます。
らくらくクラウド

単位変換機能

4-20mAの測定値を任意の単位に変換することができます。

データダウンロード機能

エクセルのCSV形式でデータをダウンロードすることができます。

警告メール発信機能

測定値が閾値を越えた/下回ったときメールを発信することができます。

仕様はこちら>>

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る