NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

GPS深浅測量システム

GPSと音響測深機でリアルタイムに表示・記録が可能
使用可能な音響測深機が4種類に増えました。

イメージ:GPS深浅測量システム

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

GPSからの位置データと音響測深機からの測深データを同期・合成して、リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録します。
測深データの数値は+表示と-表示、それに標高値を選択することができます。これにより潮位の影響を受けないような計測も可能です。(ディファレンシャルGPS使用の場合を除きます)

画像をクリックすると拡大表示、NEXTで続けてご覧いただけます。

特長

  • 測定(一般):GPS データおよび測深機データの表示・記録ができるので、深浅測量や位置決め、旗入れなどの作業時に使用します。
  • 測定(測線):計画測線に沿った深浅測量の作業時に使用します。あらかじめ登録された測線が画面に表示され、画面上の測線に沿って測量船を走行させることによって効率のよい作業が可能です。
  • 逆打ち(誘導):あらかじめ座標を登録した目標点への相対位置が画面に表示されますので、画面の指示に従って操船すれば目標点に到達できます。
  • 記録再現:記録されている過去のデータを計測時点と同じようにグラフィック表示させることができます。また、このモードでアンテナ高や測深データの表示方法などを変更することが可能です。
  • GPS自動設定(固定局・移動局):測量時に使用するGPSの設定をパソコンから行うことができます。専用のコントローラーやプログラムがなくても、GPSに詳しくなくてもOKです。
  • 測線登録:計画測線のデータをX・Y座標で登録し、画面に測線を表示させます。始点・終点の入れ替えも可能です。
  • 逆打ち点登録:逆打ち点のX・Y座標を登録します。
  • 座標:新・旧測地系、公共・ローカル座標、任意座標系に対応し、各種座標計算も可能です。

GPS測量機はレンタルレックスのページでご案内しております。

音響測深器

4方向型精密音響測深機 PDR-8000S レンタルページで詳細を見る

 

測深範囲 送4方向型精密音響測深機 PDR-8000S受波器下1.0~105m。港湾工事の施工管理測量や環境調査に伴う深浅測量で利用されています。

PDR8000は港湾、水路等の浅海域専用の4方向型精密音響測深機で、アナログ記録とともに4方向の各チャンネルのデジタル水深値が得られます。感熱記録方式の採用により、小型軽量、低消費電力化を実現。

測深範囲送受波器下1.0~105m ※ただし、濁り・海底状況及び使用チャンネルにより異なります。
測定精度±(0.03+水深/1000)m以上

GPS対応型精密音響測深機 TDM-BⅡ-F レンタルページで詳細を見る

GPS対応型精密音響測深機 TDM-BⅡ-F

階調表示、ステップ式紙送り速度、縮尺の追加など、記録部の性能が向上し、より使いやすくなりました。また、GPS測量機との同期性もアップし、GPS深浅測量向きです。

測定範囲アナログ 送受波器下から0.65~100m(平坦時)
デジタル 送受波器下から1.00~100m(平坦時)
測定精度±2cm±水深×1/1000

GPS対応型精密音響測深機TDM-9000B レンタルページで詳細を見る

GPS対応型精密音響測深機TDM-9000B

TDM-9000Aの後継機種で、見やすいデジタル深度表示モニターが追加。階調表示、ステップ式紙送り速度、縮尺など、記録部の性能はそのままの音響測深機です。オプションの深浅用データコレクター(TDC-9B)とBluetooh接続で、測深データを無線で取り込めます。

測定範囲アナログ:送受波器下から0.65~100m(平坦時)
デジタル:送受波器下から1.00~100m(平坦時)
測定精度±2cm±水深×1/1000

GPS対応型精密音響測深機TDM-9000A レンタルページで詳細を見る

GPS対応型精密音響測深機TDM-9000A

階調表示、ステップ式紙送り速度、縮尺の追加など、記録部の性能が向上し、より使いやすくなりました。また、GPS測量機との同期性もアップし、GPS深浅測量向きです。

測定範囲アナログ:送受波器下から0.65~120m(平坦時)
デジタル:送受波器下から1.00~120m(平坦時)
測定精度±2cm±水深×1/1000

用途

  • 海岸・航路・河川・ダムなどの深浅測量(測線連続)。
  • 浚渫前の現況深浅測量(測線連続)。
  • 浚渫範囲の旗入れ場所の位置出し(逆打ち連続)。
  • 浚渫後の確認深浅測量(測線連続)。
  • 漁礁投入前の旗入れ場所の位置出し(逆打ち連続)。
  • 漁礁投入の位置出しと記録(逆打ち単点または一般単点)。
  • 漁礁投入後の確認深浅測量(測線連続)。
  • 浮標灯投入の位置出しと記録(逆打ち単点)。
  • ダム・河口などの堆積土量を出すための深浅測量(測線連続、または、一般連続)。
  • 陸点の工事座標計測(一般単点、逆打ち単点)。
  • その他台船や重機などのピンポイントでの位置出しや誘導、目杭打ちなど、各種工事測量に活用できます。

※測深機接続機能を省いて小型化した「ポケットGp-Mate」もございます。

事例

GPS深浅測量システムの事例は「導入実績」でご覧いただけます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る